マトリョーシカ絵付け工房 ☆イワン・ダ・マリヤ☆


子供の頃からのロシア好きが高じて、マトリョーシカの絵付けを始めました。マトリョーシカ以外のお絵かき関係もぼちぼちマイペースでやっています。
by ivandamariya

春のマトリョーシカ その1  花マト

a0249074_2185577.jpg


先日の日曜に行なわれた美楽市は、空模様がたいへん不安定で直前まで開催が危ぶまれたのですが、開催時間になって奇跡的に雨が止み、大道芸もイベントも物販も無事行なうことができました。ぱちぱち。

美楽市の様子はこちらから。

さて冒頭にかかげましたるは、その美楽市のために制作した新作マト。ロシアの春に咲く花たちを持っています。

一番大きい子が持っているのは待雪草(スノードロップ)。春の訪れを真っ先に知らせます。ロシア民話「森は生きている」で、主人公の女の子が冬の森へ探しに行くのがこの花です。

2番目の男の子(なんですよ)が持っているはミモザ。3番目の子が持っているはライラック。
この2つの花もロシアの春に、よく見かける花です。

実はこの花たち。昔ロシアで買ったマトリョーシカが持っていたものをまねっこしました。

そのマトリョーシカは5個組みでパステル調のとても品のあるやさしい色あいがステキで、いつかこんなマトリョーシカを描いてみたいと思っていたのですが、このたびお花だけ拝借してみました。

自分としては思ったよりうまく描けたので、とても気に入っています(特におかっぱ男の子)。

ちなみにロシアの昔々の男の子は、おかっぱ頭が多いです。マトリョーシカの中におかっぱの子がいたら、それは男の子だと思ってください。ちなみに女の子はふつうスカーフをしています。もしくは髪飾りのようなものをつけています。

昔のロシアでは女性が頭を隠さないのはたいへんはしたないことと考えられていました。だからロシアの(特に田舎の方の)おばあちゃんは、スカーフをしている人が多いのです。
[PR]
by ivandamariya | 2012-04-28 21:35 | 作品紹介
<< 春のマトリョーシカ その2 ゆるマト 美楽市に出陣するマトたち >>


カテゴリ
作品紹介
デコぬりえ
ロシア・マニアックコレクション
身辺雑記
ロシア雑貨
お気に入り作家さん
ごあいさつ
ワークショップ
最新の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧